キッズモデルは適正を見極めてからエントリーしよう

女性

慣れと努力が道を照らす

マイク

声優にはなるためにも、なった後でも、常にオーディションがつきまといます。地道な努力と、オーディション経験が幸運を掴む鍵になるでしょう。目につく募集にはすべて食いつくハングリー精神が大成への道です。

モデルになるには

ウーマン

読者モデルになる場合、モデル事務所へのエントリーシートを出して面接するか、スカウトをされるなどの方法があります。読者モデルになった後は、専属モデルやタレントなどになる人もいます。

仕事への適正

女の子

キッズモデルの仕事では、まず人見知りのなさが重要になります。多くの大人に囲まれて、指示を受けるので、人見知りで家族以外と打ち解けられない子には不向きな仕事です。毎回同じスタッフというわけでもないので、誰にでも人見知りしない子がキッズモデルには向いています。会ったばかりの知らないモデルさんに抱きかかえられたり、一緒に写真に写ったりするので、人に慣れない子にはかなり辛いでしょう。キッズモデルをさせたいと考える場合には、こうした仕事向きであるのかを親がしっかり見極めることが重要です。物怖じせず、人見知りしないのなら、キッズモデルの最初の条件をクリアしていることになります。次に重要なのが、落ち着いて指示を聞くことができるかです。高価な機材や、崩れる恐れもあるセットなどスタジオの中には危険も数多くあります。キッズモデルを仕事として理解し、きちんと大人の指示に従うことができるのかは重要なポイントです。親のいうことや、祖父母、先生など大人の指示を素直に聞けるか普段の生活から考えてみましょう。最後に重要なポイントは挨拶です。これは大人の世界でもいえることでしょう。挨拶ができない、コミュニケーションをとらない人とは仕事はしたくないものです。仕事では報連相などのコミュニケーションが最も重要なポイントです。それはキッズモデルといえども変わりありません。見た目が可愛いだけではこなせない仕事なので、適性を判断してからモデルの道は検討した方が良いでしょう。

サイトリンク集

  • キッズモデル募集2016 おすすめランキング

    大切な我が子をキッズモデルにしたいなら、たくさんのオーディションを受けさせましょう!スーパーモデルの卵になる可能性あり。

実力試しが第一歩

女性

ボーカルでメジャーになるためには、その業界の人に認識されることが重要です。オーディションで、自分の力量や不足部分を把握して、スポットライトを浴びるための実力を磨きましょう。