キッズモデルは適正を見極めてからエントリーしよう

ウーマン

モデルになるには

ウーマン

読者モデルになるには、スカウトを受けたり、事務所にエントリーシートを出して面接を受けたりすることになります。都心部や、ファッションが盛んな地域などではスカウトもよくあるようです。スナップ写真から読者モデルになる人も多くいます。読者モデルは、そのセンスが重宝されます。「コーディネート例が参考になる」「同じ体格や雰囲気の女子なので、自分に似合うかどうかが判断しやすい」などから読者モデルのファンになる人もいます。身長や体格が一般的であることから、「自分がこれを着たら、こんな感じになりそう」という判断がし易いのです。そのため、ファッション誌や通販雑誌では、こうした読者モデルが多く起用されています。モデル事務所でエントリーする場合には、エントリーシートを出して面接することになります。募集をかけているか確認をして、近くの事務所に面接に行くのも良いでしょう。パーツモデルや、読者モデル、モデルなど募集要項を確認して、電話などが必要です。中にはインターネットからエントリーができるところもあるので、自分に合った方法でエントリーしてみても良いでしょう。読者モデルから、雑誌の専属モデル、タレントやアナウンサーなど成り上がる道を目指すのも良いでしょう。躍進するための足場として進むことも、専属モデルなどの道で生きていくこともできます。まずはエントリーやオーディションを経験してみると良いでしょう。どういったモデルが求められているのか、それを把握することもできるはずです。