キッズモデルは適正を見極めてからエントリーしよう

ウーマン

実力試しが第一歩

女性

バンドなどのボーカルになるのなら、ボーカルオーディションを受けましょう。オーディションを経てバンドのメンバーになったり、歌手としてソロデビューしたりなどの道が開けてきます。まずはオーディションを受けることが、最初の一歩になるでしょう。その時点で力不足なら、実力をつける特訓を積むこともできます。オーディションにて不採用の理由が聞けることもあります。成長するためのアドバイスを受けて、再度ボーカルとしてオーディションに挑戦を続けている人も多くいます。長年、努力を続けて、飛び込みなどでの営業や路上ライブなど人に聞かせることを繰り返していればスポットライトが当たる日もあるでしょう。気の合う仲間を集めて、バンドを組み、ボーカルとして技術を高めるのもオススメです。自分の音を作るのは、普段耳にしているものだといわれています。高い音域の曲を聴き続けていると、声が高めになったり、逆に低い音域を聞き続けると声が低くなったりすることもあります。耳に聞こえている音が、自分の声を作るといいます。耳と喉を鍛え、自分の出したいレベルまで、体がついてこられるように特訓しましょう。声量と音程など、オーディションを受けて、自分のレベルを知っておくのも重要です。また、少しでも磨けば光ると判断されたなら、正式なボイストレーナーがつくこともあるでしょう。まずは一歩、その業界の人に見える場所に自分の駒を進めてみることが重要です。